ガッチャCS大会規定

【ガッチャCS】における大会規定となります。

コナミ公式の公認大会規定をベースに当大会用に再構築したものです。

 

参加者はこれらの事項に同意したものとみなし、大会当日はこれらの事項を基本に運営を行います。

規定は指針であり、当日の状況等の都合により、予告なく変更される場合もありますのでご了承下さい。

 

当日スムーズに進行出来るよう、大会に参加される方はぜひお読み下さい。

特に赤文字の箇所は当大会独自の規定を含むので、チェックすること。

[1]大会に必要なアイテム

必要なもの

 

必要なもの

参加者は、以下のアイテムを必ず各自で用意しなければならない。

■40枚以上60枚以内で構築されたデッキ(メインデッキ)

デッキ構築に使用できるカードは以下の「遊戯王オフィシャルカードゲーム」に限る。

1.遊戯王オフィシャルカードゲーム

2.Yu-Gi-Oh!TRADINGCARDGAME

(英語版・フランス語版・イタリア語版・スペイン語版・ポルトガル語版・ドイツ語版)

3.Yu-Gi-Oh!OFFICIALCARDGAME (韓国語版)

※カードにシールを貼る、マーキングを施す等の加工を施したカードは使用できない。

 

■ライフポイントの合計を記入するための筆記用具

ライフポイントの推移を記入するためのメモ用紙と、ボールペン鉛筆などの筆記用具。

※本大会では電子計算機のみを使用してのライフポイントの記録を禁止する。

 

■記入済み「デッキ記入シート」

 

■参加費

 

受付の際必要なもの

  • 記入済み「デッキ記入シート」の提出
  • 参加費の支払い
  • 身分証明書の提示

これらは受付の際必要となりますので、あらかじめ準備をお願いします。

 

 

必要なもの

 

場合によって必要なもの

■エクストラデッキ

15枚以内の「融合モンスターカード」「シンクロモンスターカード」「エクシーズモンスターカード」で構成。

■サイドデッキ

15枚以内のカードで構成。

■電卓

■時計(ストップウオッチ・タイマー等)

■コイン

表と裏がハッキリと区別できるもの。

■サイコロ

※出目に偏りが出るように加工されたものは使用禁止。

■トークン・カウンター・コインなど

必要数用意する。また、トークンを代用品を使用する場合、攻撃・守備の区別がはっきりつくものに限る。

 

当大会はエクストラデッキおよびサイドデッキのスリーブ統一を義務付けるものでは無いため、トークンやカウンターとして遊戯王カードを使用される際は、試合前に対戦相手に提示すること。

 

 

必要なもの

 

カードスリーブ・カードプロテクターについて

■大会当日はカードスリーブ・カードプロテクター(以下:スリーブ)の着用を義務付けます。

■言語を混ぜて使用する場合は裏面が見えないスリーブの着用して下さい。

エクストラデッキおよびサイドデッキのスリーブは統一されていなくても大丈夫です。

※対戦中のメインデッキのスリーブは統一して下さい。

※大会は「インターバル時間」が3分となりますので、サイドデッキのスリーブ統一をオススメします。

詳細は[2]大会ルールC.制限時間の項を参照。

■カードにシールを貼る、マーキングを施す行為は禁止します。

スリーブの中には使用するカードおよびスリーブ以外のものを入れてはいけません。

スリーブに加工を施すことも禁止します。

■大会当日は状態の良いスリーブを使用して下さい。

スリーブの状態にあまりにもムラがある場合、マーキング行為として罰則の対象となる事があります。

■スリーブを何枚重ねても構いませんが、過度なものはお控え下さい。

また、トップローダー(プラスチック製スリーブ)をメインデッキに使用する事は出来ません。

■カードの表面に色がついたスリーブや、テキストが隠れるようなロゴがついたスリーブの着用はお控え下さい。

 

 

必要なもの

 

日本語版以外のカードを使用する場合

対戦相手にカード名やカードの効果を説明できるようにして頂ければ使用可能です。

事前に日本語版のテキストが確認できるもの(日本語版カードや、日本語版の効果を記載した用紙等)を準備しておくと、ベターです。

「それらを用意していない場合、そのカードをデュエルで使用する事はできない。」という事はございませんのでご安心下さい。

 

※携帯電話等の電子機器でのカード情報表示は、公式の遊戯王カードデータベースのみ可。

あらかじめ速やかにテキストが確認できるように用意してください。

 

 

[2]大会ルール

必要なもの

 

A.大会ルール

大会ルールはコナミ公式「マスタールール2」を採用する。

また、当日の進行の都合上、一部に独自の規定を設ける。

 

大会は1マッチ(2デュエル先取/最大3デュエル)で勝敗を決定する。

また、予選(スイスドロー方式)に限り、マッチの引き分けを採用する。

(→「ルール」参照

 

 

必要なもの

 

B.デッキについて

大会に使用できるデッキ

 

●1つの大会を通して使用できるデッキは1デッキのみとする。

●参加者は大会に使用するデッキ内容を「デッキ記入シート」に記入し報告しなければならない。

●「デッキ記入シート」に記載されたカード以外からのカードの使用は、デッキ、サイドデッキ、エクストラデッキの全てにおいて使用禁止とする。

 

各ラウンド(マッチ)毎のデッキ初期化

 

●前ラウンド(マッチ)で入れ替えたカードは、初期のデッキ・サイドデッキの状態に戻すことを義務づける。

●各ラウンド(マッチ)1デュエル目の開始前にデッキとサイドデッキとのカードチェンジは認めない。

 

必要なもの

 

C.制限時間について

大会では、1マッチ(最大3デュエル)の制限時間を40分とする

 

●デュエル間のインターバル時間(サイドデッキとのカード入れ替え、シャッフルに費やす時間)を含む。

●大会では、インターバル時間の最大を3分までとし、円滑なデュエルの進行を心がける。

 

●予選スイス第3回戦目までの「ET」および「ED」の制限時間を試合時間40分を過ぎた時点より10分とする。

●10分以内に終了しなかった場合はお互いのライフポイントと関係なくそのデュエルは「引き分け」とする。

(→「ルール」参照

 

デュエルの進行を引き延ばす行為には、「罰則」が適用される

 

故意の有無にかかわらず、過度の長考や無駄の多いプレイングなどによって、

対戦時間を著しく浪費している場合、審判の判断によって「注意」から始まる罰則が与えられる場合がある。

対戦相手が対戦時間を引き延ばしていると感じた場合は審判に確認を行う。

 

制限時間を超えてマッチの勝利条件を満たさない場合の処理

 

●デュエル進行中に制限時間が終了した場合→「ET」突入。

※ETの結果、マッチの勝利条件を満たさない場合は「ED」突入。

●デュエル開始前(インターバル時間)に制限時間を迎えた場合→「ED」突入。

 

制限時間を超えてマッチの勝利条件を満たさない場合の処理は上記の通りである。

※「マッチの勝利条件」とは「2デュエル先取」を絶対に満たす事と定義する。

【エキストラターン】(ET)

制限時間終了時点でライフポイントの優劣があっても、そのターンエンドまで継続する。

ターンエンド時点で勝利が確定していなければ、必ず3ターンのETに突入する。

相手ターンから数えて3ターンを実施。3ターン中に勝敗が決した場合は、通常通りデュエル終了。

勝敗が決しなかった場合、ET終了時のライフポイントが高かったプレイヤーが勝利。

ETが終了した時点でお互いのライフポイントが同じ場合は、そのまま継続して「サドンデス」に突入。 

【エキストラデュエル】(ED)

4ターンを実施。ジャンケンを行い、勝ったプレイヤーが先攻・後攻を選択する。ライフポイントは8000から開始。

4ターン継続し、終了時でのライフポイントが多いプレイヤーがデュエルの勝者。

EDが終了した時点でお互いのライフポイントが同じ場合は、そのまま継続してサドンデスに突入。 

【サドンデス】

「ET」および「ED」が終了した時点でお互いのライフポイントが同じ場合は、そのまま継続してサドンデスに突入。

ライフポイントの増減が発生した時点でデュエル終了。ライフポイントの多いプレイヤーをデュエルの勝者とする。

※ライフをコストとして支払う場合もライフの増減となる。コストを支払った時点でのライフポイントの多いプレイヤーがデュエルの勝者。

 

【参考】制限時間40分を過ぎた時点で、

マッチの勝利条件を満たさない場合の処理

3デュエル目進行中に制限時間になりET処理を終了しデュエルの勝敗を確定する。

2勝1敗

2勝プレイヤーが勝利
1勝2引き分け 予選:引き分け / 本戦:「ED」突入
1勝1敗1引き分け 予選:引き分け / 本戦:「ED」突入
3引き分け 予選:引き分け / 本戦:「ED」突入
2デュエル目進行中に制限時間になりET処理を終了しデュエルの勝敗を確定する。
2勝0敗
2勝プレイヤーが勝利
1勝1引き分け 「ED」突入
1勝1敗 「ED」突入
2引き分け 予選:引き分け / 本戦:「ED」突入
1デュエル目進行中に制限時間になりET処理を終了しデュエルの勝敗を確定する。
1勝0敗 「ED」突入
引き分け 「ED」突入

 

 

対戦中やむを得ない理由により席を立つ場合

 

ジャッジにその旨を伝え、デュエルを中断し、席を立つこと。

この時の時間の経過は有効とする。

 

 

必要なもの

 

D.デュエルの手順

デュエルの手順は以下のステップを順に実行する

 

01. 対戦相手と握手をする。
02. 各プレイヤーは、対戦相手に自分のエクストラデッキとサイドデッキの枚数を提示する。
03. 各プレイヤーは、自分のデッキを対戦相手に見える位置でシャッフルする。
※この時にカードを確認しながら並びを入れ替えシャッフルする等の行為は禁止する。
例/「モンスター」「魔法」「罠」の各種別のカードを振り分けてからシャッフルを開始する。etc.
04. 各プレイヤーは、対戦相手に自分のデッキをカットしてもらう。
※この時に対戦相手は、過度なシャッフルを禁止する。
05. ジャンケンを行い、勝ったプレイヤーが先攻・後攻を選択する。
※お互いの了解があればサイコロ等で決めても構わない。
06. 各プレイヤーは、デッキの上から手札として5枚のカードを引く。
※手札カード5枚を引いてからの先攻・後攻の選択を禁止する。
※2デュエル目以降は、直前のデュエルの敗者が先攻・後攻を選択する。
07. 先攻プレイヤーターンからデュエルを開始し勝敗を決する。
08. 各プレイヤーは、インターバル(デュエルとデュエルの間)に
サイドデッキを使用してデッキ又は、エクストラデッキのカード交換を行うことができる。
※この時、交換前と交換後のデッキ、エクストラデッキの枚数が同じにならなければならない。

 

 

進行中の注意

 

01. デュエル中に不明点・質問がある場合、またはルール上でプレイヤー同士の意見の相違がある場合は、
その場で審判の指示を仰ぎその指示に従う。
02. プレイヤー同士が間違いに気がつかずに処理を行い、
その後デュエルが進行してしまったカード効果処理やポイント計算等の事項については、デュエルを巻き戻しての審判を行わない。
03. デュエル終了後の不服申し立てには審判は一切応じない。
04. デュエル中の行動については、必ずお互いのプレイヤーに確認を取りながら行動する。
05. 1ターン中の戦略考察時間は3分間を目安とする。
これは1プレイに費やす時間を指すものではない。
1ターン中の度重なる長考は審判の裁量により罰則の対象となる。

 

3分を過ぎた場合は審判から注意がある。

注意を受けたプレイヤーは迅速なプレイにて速やかにターンを終了しなければならない。

1マッチ中に過度に及ぶ遅延が発覚した場合ジャッジの判断により罰則を追加することができる。

 
3分を計る場合は、ストップウォッチなど、お互いにはっきりと時間のわかるもの(デジタル表示が望ましい)を使用して下さい。
その際、対戦相手に「計り始め」と「時間経過」をしっかりと宣言しましょう。
また、対戦相手を「せかす」行為は罰則の対象となる場合がありますので気をつけましょう。

[3]カード制限

代用カードの使用禁止

 

デッキ構築に使用するカードは全て「遊戯王オフィシャルカードゲーム」を使用しなければならない。

代用のカードや、カード(カードスリーブ・カードプロテクター)にシールを貼る、

マーキングを施す等の「遊戯王オフィシャルカードゲーム」に加工を施したカードの使用を禁止する。

 

 デッキの枚数制限

 

メインデッキ :40枚以上60枚以内
エクストラデッキ :0枚以上15枚以内
サイドデッキ :0枚以上15枚以内

 

 

枚数制限のあるカード

 

大会では、デッキ構築に枚数制限のあるカードを「禁止カード」「制限カード」「準制限カード」として設定する。

「禁止カード」はデッキ・サイドデッキ・エクストラデッキの構築に使用できない。

「制限カード」はデッキ・サイドデッキ・エクストラデッキを合わせて入れられる枚数は1枚まで。

「準制限カード」はデッキ・サイドデッキ・エクストラデッキを合わせて入れられる枚数は2枚まで。

※以上のカード群は「禁止・制限カード一覧」を参照の事。

 

 

[4]禁止事項と大会中のマナー

反則・違反行為について

 

代表的な反則・違反行為についてはコナミ公式「大会罰則規定」を参照。

なお大会規定・罰則規定は参加者に等しく適用され、与えられる物であり、

参加者は大会規定・罰則規定を利用した判定の申し立てをする、またはそれを誘導してはならない。

 

01.指定された集合時間に対する遅刻。
02.対戦相手に対して「せかす」「罵倒する」等の行為を行う。
03.1ターンに3分を超える戦略考察を行う。これは1プレイに費やす時間を指すものではない。
  1ターン中の度重なる長考は審判の判断により罰則の対象となる。
04.デュエル間のインターバル中のカードの入れ替え・シャッフルに3分以上を費やす。
05.トーナメント中に「デッキ記入シート」に記載したデッキ内容に変更を加える。
06.シャッフルやカットの際に故意にカードを見る。
07.カード内容を故意に偽って表現する。
08.ライフポイント・手札の枚数を故意に偽って表現する。
09.自分または相手のデッキから引かれるカードを操作する。
10.デュエル中に観戦者等の第3者からアドバイスを受ける。または、デュエル中に観戦者等の第3者に話しかける。
11.何らかの印のついたカードまたは、カードスリーブ・カードプロテクターを使用する。
12.カードスリーブ・カードプロテクターの中に使用するカード以外のものを入れる。
13.プレイ中にカードまたは、カードスリーブ・カードプロテクターに印を付ける。
14.「デッキ」「エクストラデッキ」「サイドデッキ」の枚数制限を超えたカードをデッキ構築に使用する。
15.いかなる理由にかかわらず、39枚以下のデッキ枚数でデュエルを行う。
16.「禁止カード」「制限カード」「準制限カード」の枚数制限を超えたカードをデッキ構築に使用する。
17.デュエルフィールド上に、デュエルの進行に必要の無い物を置く。
18.対戦中に物や体の一部などで故意にフィールド上、手札のカードを隠す。

 

大会中のマナーについて

 

 過度なマナー違反に対しては審判の判断により罰則が適用される。

 

01.大会会場のルールに従う。
02.対戦中の飲食は行わない。
03.対戦中にトイレ等の理由で離席する場合は、対戦相手と審判の承諾を得る。
04.無断で対戦中に対戦相手のカードを触らない。
05.常にスムーズなデュエル進行を心がけ、フェアなデュエルを心がける。
06.対戦相手に不快感を与えるプレイングは行わない。(過度に音を立てる等の威圧的な行為)
07.デュエル終了後は、必ずデッキをチェックしカードの過不足を確認する。
08.日本語版以外のカードを使用する場合には、対戦相手にカード名やカードの効果を説明できるようにする。
09.デュエル中は相手との確認の上、処理を行う。
10.ライフポイントの計算は、必ずお互いの分をメモ用紙に記録する。
11.1つの試合終了後、デッキを初期状態に戻し、対戦結果報告を行う。

 

 

 

ルールとマナーとモラルを守って楽しくデュエル!(重要)